~21歳の通信制大学生ブログ~【黒丸】

法政大 通教 フリーター 明るく自由に楽に過ごしたい男子です(^^)v

【2017年 6月終了時点】プロ野球現役選手でメジャーに通用する選手6人 part1

僕個人の独断と偏見によりメジャーリーグで通用しそうな選手を6人リストアップしました!!!
f:id:Kuromaru0520:20170701150836j:image

 

なぜ6人?

これは、メジャーで確実に通用するという判断での6人をリストアップしました。(^_^) 

「通用するかな...」という曖昧な選手は含みません(笑)(つまり6人しか確実に通用しないのかよ...(--;))

他にもいるのですが、確実を求めると6人になりました。それでは、発表します!

 

1.大谷翔平 (北海道日本ハムファイターズ

)

いわずもがな、まずこの選手が一番に思い付くのではないでしょうか?

・193㎝100㎏超えの日本人離れの恵まれた体格

・165㎞のストレート

・151㎞の見極めが難しいフォーク

・緩急自在のカーブ

・打者としても活躍できる二刀流

・文句のないイケメン

思い付いただけでこんなに凄い項目がでてきました(笑)ホントに日本プロ野球の宝ですね!(^-^)スーパースターなだけあります(笑)

 

メジャーでも160㎞超えは数少ない存在であり、2015年のメジャーリーグオールスターとのピッチングもメジャーでも通用することを証明してくれました。

 

僕が一番注目するところは、コントロールとストレートと変化球の組み合わせです!

 

あれだけの豪速球を放っておいて、四死球の少なさには驚きです!キャッチャーの構えたところに収まるコントロール良さには他のピッチャーにも見習ってもらいたいですね!

 

そして、あの豪速球を見せつけられたあとで変化球がくると、中々対応するのが難しくバッターはストレートとか変化球、どちらかに絞らなくてはなりませんね。野球中継でも対戦したバッターは苦笑いで、半分諦めていますね(笑)

大谷翔平選手を何試合かで攻略するのはメジャーでも不可能だと思います。年単位で攻略していかないといけないと思います。(その間に、大谷選手がまたパワーアップすると思いますけど(笑)(^_^;))

 
f:id:Kuromaru0520:20170701162035j:image

メジャーで二刀流は可能?

結論から言って、メジャーでも可能だと思います。

しかし、日本のプロ野球と違って試合数の多さ、遠征による長距離移動、打者のレベルの高さによる一人あたりの投球数の増加=一試合の投球数の増加などにより、しだいに二刀流では体力的に限界に達し、投手・野手両方悪い成績になり、最悪の場合、ケガがしやすくなります。そのため、大谷選手はどちらかを一本でプレーしなければならない選択をすることになると思います。

 

その場合、僕はピッチャーを薦めます!

バッターはパワーのある人達がわんさかいるので、そのなかに埋もれてしまうかもしれません。なので、トップになるにはピッチャーしかないと断言します!

(でもメジャーでも二刀流見てみたい(;´∀`))

 という事で、まず一人目にあげたのは大谷翔平選手でした!!!

次回紹介する選手は、日本で一番守備の上手いあの選手です!

それでは〰(^^)v